梱包資材としての紙とは

紙は普段使っているようなノートや本などだけでなく、梱包資材としてもよく用いられています。様々な用途に使える割に価格が安いため、いわゆるコストパフォーマンスが良く、意外にも、包装資材の約半分を占めています。単なるシートとしてだけでなく、箱や袋としても用いることができるのが特徴です。

紙は水に弱いため、ラミネート加工などを施し、防水性を高めることが多いです。
梱包資材として、紙を用いるメリットは、まず、緩衝材として優秀で、かつ断熱性が高い点です。それから、折り目がつきやすいため、箱などの立体型に変形しやすい点も挙げられます。

さらに、鮮明に印刷できるため、表面に様々な情報を載せることができます。それから、先述のラミネート加工を施すことにより、防水性の高い梱包資材として使用することができます。

梱包資材としての紙は非常にメリットが多いため、ぜひ使いこなしましょう。