日本人が考えた缶コーヒーは飲料缶の代名詞

以前日本を訪れた外国人が珍しがっていたのが缶コーヒーという話は、よく知られています。というのも、缶コーヒーは日本人による発案で製造されるようになったものだからで、使われていた容器は金属缶の一つスチール缶でした。

その頃は、金属缶の双頭をなすもう一方のアルミ缶が、内圧で形状を維持させるため主として炭酸飲料が主体で使われるなど使い分けがされていました。アルミ缶が飲料用として使われるようになっていった当初は、アルミの特徴とされる軽く熱伝導に優れていることから冷えた炭酸飲料用の容器として、定番のように使われていました。

アルミ缶の素材であるアルミニウムは、原料のボーキサイトから精製される素材で、鉄より軽く耐食性・加工性に優れ帯磁性がないなど数々のメリットがあることから、瞬く間に広がっていきました。