使い切り複合パウチの再生技術

2025年プラスチック目標には主要ブランドや小売業者、包装企業の大手などが目指しています。その中でユニリーバなど、複合材料構成小袋の包装リサイクル技術への挑戦など、注目に値する内容が含まれています。ペプシ社は、2025年までにすべての包装をリサイクルやコンポスト可能または生分解性となるように見直し、包装のカーボン負荷の削減に努めると発表しました。コカ・コーラは、2030年までに、販売用のボトルと缶100%を回収してリサイクルするという大胆かつ野心的な目標を発表しています。これは2025年までにすべての消費者向けの包装を100%リサイクル可能にすると同時に、2030年までにすべての包装の50%をリサイクル原料にするという2つの重要な目標によって裏付けれるといいます。さらに植物由来樹脂の開発を進めています。