リキグライドと調味料の包装

トーヤルロータスと同じ時期に、マサチューセッツ工科大学の研究者たちは、リキグライドを発表しました。これはマヨネーズやケチャップやマスタードという扱いにくい調味料がスムーズに容器から注ぎ出すことができるのに役立つものです。食品包装用の非粘着性コーティング材・リキグライドを使えば、最後の一滴まででるように、ボトルを叩くということをしなくてよくなるということです。もし調味料が空のボトルの底に残されていなければ、年間100万トンの食品が節約可能であるとも言われています。リキガイドをコーティングしたら表面には、液体のような潤滑層が形成させて、調味料が容易に流れるようになります。包装の外部は硬い包装のまま、内部の物質は安全に保たれています。このコーティングは、スプレー方式によってプラスチックやガラスにも適用することができます。