ふわふわポテトチップス包装にも技あり

一時は大ブームとなったスナック菓子ですが、その食材を包装する形態に食品ならではという工夫がいろいろ反映されています。例えばポテトチップスは衝撃に弱いことは想像に難くありませんが、そのため外部衝撃から極力影響を緩和できる窒素ガス充填包装が行われています。食品棚に並べられているフワフワに膨らんだスナック菓子が多いことに気づくことでしょう。これは販売する側としては場所をとって困るんですよ、という苦情にもつながってしまい、痛しかゆしと言ったところではないでしょうか。このような面を解消する手立てとして考え出されたのが、「組み立て食品」と呼ばれている製造方法で、もともとの食材を粉砕したうえで改めて一定形状に作り上げていくことで解決している製法です。包装形態も当初の袋状からコンポジット缶と呼ばれるアルミ箔などの複合筒状形式包装も生まれています。